HOME > artists/labels/projects > コトリンゴ

artists/labels/projects


artists

コトリンゴ

official site

profile

コトリンゴ(三吉理絵子)

1978年生まれ。
5歳よりピアノを始め、7歳より作曲活動を始める。
1999年、神戸の甲陽音楽院を卒業、同学よりバークリー特別奨学金を取得後、David Liebman主催、IASJ(ジャズ教育の振興のために活動しているユネスコの組織)のスペイン大会に参加。
その後ボストンのバークリー音楽院に留学。ジャズ作・編曲/ピアノパフォーマンス科専攻。在学中には教会でのクワイヤのレギュラーピアニストや、バークリーのボイス科のピアノ伴奏の仕事も務めながら、数々の賞を受賞。学位を取得後NYへ移り、様々なギグに参加。
2005年秋より自宅での曲作り/デモテープ作りを始める。
2006年3月坂本龍一ナビゲーターを務めるJ-WAVE『RADIO SAKAMOTO』のオーディションコーナーにて、のちに2ndシングルとなる「にちよ待ち」がオンエアされ、坂本龍一プロデュース『ロハスクラシックコンサート』にも出演。
2006年11月『月桂冠・つき』のCMソングとなり話題になった「こんにちは またあした」でデビュー。
翌年6月には1stアルバム「songs in the birdcage」を発売。2008年1月にはミスタードーナツのCMで好評だった「ふわふわsong」を含む、ミニアルバム「nemurugirl」をリリース。
日本に住まいを移してからは、イベントやライブへの出演が増え、ライブパフォーマーとしての評価も高い。
透明感のあるファニーヴォイスと、坂本龍一も驚嘆するほどのピアノテクニックが織りなす世界は、各方面から注目を浴びている。
影響を受けた音楽はクラシック、ジャズ、ポップ、 ロック、渋谷系ポップスなど。

movie

コトリンゴ

twitter

new release

一覧へ

goods

一覧へ